160102_2016010322415844b.jpg
サスケの願い事はただひとつ、「兄さんとずっと一緒にいたい」なのですが、兄さんはどんな願い事をしたか気になってサスケは尋ねます。
「何てお願いしたんだ?」
でも兄さんは内緒だと言って教えてくれません。冬の冷たい風が頬をかすめます。
「オレはこんなに兄さんの事が好きなのに、兄さんはオレの事をどう思ってるんだろう…?」サスケがちょっとむくれていると、
「…本当はもう叶っているのかもしれない。」と兄さんが言います。サスケが「?」と思っていると、
「オレの好きな人がずっと隣にいてくれますように。」
そう言うと、境内の人ごみの中を「オレから離れるなよ」とサスケの手を繫ぎ歩き出します。
はぐれないようにと握ったのか、それとも別の意味なのか、兄さんの手のあたたかさを感じながら、サスケはぐるぐる考えてしまうとよいと思います。(*´Д`)ハァハァ!

今日はいたさすの日ですね!2016年もいちゃいちゃするとよいと思います(;´Д`)ハァハァ!

ではでは、いろいろ書き足りないですが、作業に戻ります…(*- -)(*_ _)ペコリー